INDIVIDUAL ORCHESTRA #4(インディビデュアルオーケストラ #4)_Berliner Weisse_樽

商品コード: 33828
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
ABV / 3.4%
IBU / 14.4
SRM / 11.9

【麦芽 / 穀物類】
Pilsner Malt - IREKS
Spelt Malt - IREKS
Wheat Malt Light - IREKS
Sour Malt(pH調整) - IREKS
【ホップ】Strissel Spalt - Hop France
【酵母】Appalachian Tart - WLP631
【香り】洋梨、アプリコット、ブルーベリー
【味わい】赤リンゴ、洋梨、クランベリー、ラズベリー
【苦味】味を引き締めるくらいの苦味
【口当たり】シャープだけど麦の風味も感じられる
【酸味】乳酸菌由来の穏やかな酸味
「優しい酸味とフルーティで爽やかな果実感、酵母と乳酸菌の共演」 INDIVIDUAL ORCHESTRA #1~#4までのコラボ相手は、株式会社BETでビール原料の調達をはじめマーケティング&セールスディ レクターを務める友人のSebastian Hohentanner氏。ミュンヘンの DOEMENS( ドゥーメンス)醸造学校でディプロム・ビアソムリエ を卒業した彼は、あえて言うまでもないですが、ビールのプロフェッショナルです。今回のビールは#1~3まで続けてきたRaw Aleの製法から離れ、ドイツはベルリンのちょっと酸味のある小麦のビールをつくりました。一般的な小麦麦芽に加えて古代小麦とも呼ばれるSpeltを使い、酵母メーカーWhite Lab社の新作パッケージであるWLP631 Appalachian Tart / アパラチアン タルトで醸しました。おそらく国内の醸造所では初めて使われたパッケージです。 Appalachian Tartは北欧由来の酵母KveikとLactobacillus(乳酸菌)が一つのパッケージになっている製品です。酵母が発酵を終え たあたりから乳酸菌が活発になり、酸味と固有の香りを生み出します。このビールからは、赤りんごのような爽やかな風味と、洋梨、そしてほのかにクランベリーやラズベリーのジャムのような甘い香りも感じられますが、その香りのほとんどは酵母と乳酸菌に由来するものです。Berliner Weisseですが、通常は個々人が好きな酸味に調整できるように味や香り付けのシロップと一緒に提供されることが多いのですが、今回は酸味が優しくそのままでも繊細な果実味を十分楽しめる仕上がりのため、そのままのご提供です!味変をしたい方はぜひグラウラーに汲んで、ご自宅でラズベリーシロップなどを加え鮮やかな色に変えて愉しんでいただければ嬉しいです。(斯波) このビールには赤いりんご、洋梨、裏にクランベリーや小麦のニュアンスがあります。確かにビールではあるけれども、優しく甘味の感じられる口当たり。マイルドな酸味がリンゴでつくられるサイダー(シードル)のような印象も少し与えてくれます。ライトボディーと3%の低アルコールで、爽やかな最初の一杯としておすすめです。 (Sebastian Hohentanner / セバスティアン ホヘンタナ)

カテゴリ一覧

ページトップへ